性病、STD検査を怖がらないで

性病になってしまったら

性病、STDの知識と検査|らかん

性病検査の結果もしも陽性、つまり性病にかかってしまっていた場合、もちろん放置しておいていいわけがありませんよね。自分自身が性病の症状で苦しむことにもなりますし、何より大切なパートナーに感染させてしまい同じ苦しみを与えてしまうかもしれません。しかし、いったい「どこの病院に行けばよいかわからない」といった事もあろうかと思います。そのような人のために、どのような病院に行けばよいのか何科を受診すればよいのかをお伝えしておきます。


バレずに自宅でできる性病検査キット

性病の治療と予防について記事一覧

ネットなどで検索すると“性病科”などという表記がなされているような病院や診療所を見かけることがあるかと思いますが、そのような資格や認定を受けた医師がいるわけではなく、単純にコマーシャルとしてそのような表記をしているにすぎません。性病科の多くは、皮膚科や泌尿器科、婦人科などの専門医である場合がほとんどです。もっとも、しっかり治してくれさえすれば何科の先生であるかはそれほど気にならないとは思いますが。...

性感染症の専門をうたっているような病院には、保険適用外の治療しかしない病院もあるようです。しかし、性感染症も風邪やインフルエンザと同じ感染症の一種ですから当然保険治療の対象となります。たいていの場合保険適用の範囲内の治療で対応可能ですが、最新の検査方法、薬剤の使用を行う場合や、病気にかかっている事が明らかではなく本人の希望で検査を受ける場合保険適用の対象外となるようです。病気にかかっている事が明ら...

多くの性感染症は、粘膜同士の接触や血液を介して感染します。よって、粘膜同士の接触を妨げるようなもの、コンドームを使用することがもっとも効果的な方法と言えます。セックスをするときは必ずコンドームを正しく装着する!これだけでほとんどの性感染症は予防することが可能です。コンドームを付けるタイミングですが、単に避妊のためにつけるといった意味ではなく、性行為前のオーラルセックス時からしっかりと装着しておく必...